Vol. 83 カラダにやさしい五穀あまざけを3名様にプレゼント。| 取りもどせ! BEAUTY | ビューティー | クロワッサン オンライン
ビューティー

Vol. 83 カラダにやさしい五穀あまざけを3名様にプレゼント。| 取りもどせ! BEAUTY

甘酒が好きな人、多いですよね。私もそのひとり。最近の私のお気に入りは「忠勇 国産五穀あまざけ」。甘酒には米麹によって米のデンプンを糖化させてつくる「麹甘酒」と、酒粕に砂糖や甘味料などを加えて水で薄めてつくる「酒粕甘酒」の2種類があります。この五穀あまざけは麹甘酒。穀物が糖化することで生じたブドウ糖による、おだやか〜な甘さ。砂糖や甘味料は一切はいっていません。
今回はこの五穀甘酒(1袋250g)の10パックセットを3名様にプレゼント。

この甘酒で、甘酒プリンをつくることにハマッています。

まず、漉します。

おおっ、なめらか。

この甘酒は2倍に薄めてのみます。
水で薄めて、お鍋でちょっとあたためて飲むのもおいしい。
五穀のつぶつぶ大量!

さて、で、さきほど漉した甘酒を、粉ゼラチンをとかした豆乳で2倍にのばします。

ぐい呑みやおちょこにいれて冷蔵庫でかためます。
食後の小さなデザート、というくらいの大きさが私は好きなので。
20分もしないうちに、できあがり。

ふるんふるん。

ティースプーン5口くらいで食べられちゃいます。
ほのかに甘くて、おいしい。年齢とともにどうも太りやすくなってきているので、やはりこういうデザートでカロリー制限しないとね。

あと、この甘酒に醤油、すりおろしにんにく、すりおろししょうが、かつおだしをとかし、そこに鶏もも肉を漬けてみました。半日漬けて、お鍋で長ネギを炒めたところにこのお肉を投入。

うん! 味がしみてておいしい。甘じょっぱい「鶏もも甘酒煮」。
皆さまもぜひお試しを。

我が家ではいまラベンダーの花が3つだけ咲いています。毎年咲くけれど、少しも大きくならない。ただ花の色は年々濃くなっていますね。
あら、肌寒い日なのに蝶が。
季節外れの蝶は、何かを知らせにきてくれたのでしょうか。
なにか”いいお知らせ”だといいんだけどな。

ピンキィ
雑誌「クロワッサン」編集部員
美容担当。特技は節約料理と整理整頓。
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE