【料理家おすすめ】簡単なのに栄養抜群。豆腐の「のっけ」レシピ | ビューティー | クロワッサン オンライン
ビューティー

【料理家おすすめ】簡単なのに栄養抜群。
豆腐の「のっけ」レシピ

美肌にも効果的な豆腐は、古来から伝わるスーパーフード。毎日美味しく食べられる、相性抜群の「のっけ」アイテムを料理家、フードコーディネーターの方たちに聞きました。
  • 撮影・小林キユウ フードコーディネート・竹原由紀 文・斎藤理子

必須アミノ酸をバランス良く含み、植物性タンパク質が豊富な大豆。その大豆と水とにがりで作られる豆腐には、健康や美容に効果的な成分が凝縮されている。

抗酸化作用があるサポニン、コレステロール値や中性脂肪を調節して脳を活性化する大豆レシチン。女性ホルモンの働きを促進するイソフラボンには、骨粗鬆症や更年期の症状を改善させる作用があると言われている。善玉菌を増やすオリゴ糖も含まれているので、腸内環境を整えて便秘などを解消してくれる働きも。ビタミンE、ビタミンB₁・B₂などが含まれており、血行を良くして皮膚を健康に保つ効果も期待できる。

こうした有効成分により、腸内環境が整えられ、血行が良くなり、皮膚も強化されるので、豆腐は美肌のためには最強な食べ物のひとつといえる。だからこそ毎日でも食べたい豆腐。美容意識の高い人たちは、豆腐が好きで、食べ方にも工夫を凝らしている。そんなみなさんに実際の食べ方を教えてもらった。和洋中エスニックと何にでも合う豆腐だから、「のっけ」でさまざまな表情と味わいを見せる。豆腐は好きだけれどワンパターンになりがち、とお悩みの人も、今日から手軽に実践できる「のっけ豆腐」で、もっと美しくなろう!

「のせたり崩したりと応用が利く、固めのお豆腐が好きです」

坂田阿希子さん(料理研究家)の「のっけ」レシピ3選。

のっけレシピ3選ぶ。

サルサ豆腐

トマト、パクチー、タマネギのみじん切りをレモン汁と塩、オリーブオイルでよく和えて、タコのスライスを加えたら豆腐にたっぷりのせる。「タコ以外に白身の魚も合います。暑い季節にぴったり!」

くずし豆腐のサラダ

豆腐はしっかりと水切りする。豆腐を崩しながら刻んだネギ、生姜、キクラゲ、むきエビを混ぜて、胡麻油、塩、醤油少々で味付けする。「お酒はもちろん、ご飯にも合いますよ」

薬味いっぱい豆腐

らっきょう、ナスときゅうりの糠漬け、ミョウガ、生姜をそれぞれみじん切りにし、醤油で和えて豆腐にのせる。「これに胡麻油を加えて和えても美味しいですよ」

「豆腐に合う食材は多種多彩。日々新しい味を発見中です」

竹原由紀さん(フードコーディネーター)の「のっけ」レシピ3選。

博多い津゛みのコンフと ドライトマト

フグのオイル漬け〝コンフ〞に、刻んだドライトマトと紫タマネギのみじん切りを混ぜて豆腐にのせる。「フグのオイル漬けに混ぜてのせるだけで、ひと味違う一品が完成します」

スパイシー海苔ナッツ

いろいろなナッツを粗く刻んで、クミンやカレーパウダーなどのスパイスと一緒に軽く炒ったものと青海苔を、豆腐にのせる。「豆腐の食感に、ナッツがいいアクセントになります」

がごめ昆布とおろしなます

がごめ昆布はポン酢に漬けておく。大根、人参、きゅうり、ラディッシュを鬼おろしで粗めにおろし、焼き海老を加えてがごめ昆布とまぜ、豆腐にのせる。「がごめ昆布はフコイダン豊富で肌の保湿にもいいです」

「豆腐に含まれる豊富な栄養素。吸収率をあげる食材と組み合わせて」

大島菊枝さん(管理栄養士)の「のっけ」レシピ3選。

アサリの酒蒸し豆腐

アサリの酒蒸しを作り、その中に豆腐を加える。「アサリのダシが染み込んだ豆腐が、たまらなく美味しい一品です」

パクチーとネギダレがけ

長ネギのみじん切り、フライドオニオン、醤油、酢、胡麻油をよく混ぜてネギダレを作る。豆腐にたっぷりのパクチーをのせ、ネギダレをかける。「パクチーをたくさんのせると、より美味しくなります」

じゃことみょうがのせ

みじん切りのミョウガとジャコを醤油と胡麻油で和え、豆腐にのせる。「カルシウムの吸収も良くなる組み合わせなので、女性には特におすすめです」

『クロワッサン』932号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE