facebook instagram twitter youtube
ビューティー

こんなに簡単!コンシーラーでシミ隠し〜面ジミ編〜

シミで悩まないでください。でもシミを放置しないでください。簡単な3ステップできれいにカバーする方法を紹介します。今回は大きな面のシミを隠す、上手な固形コンシーラーの使い方を学びます。
  • 撮影・青木和義 スタイリスト・程野祐子 文・鈴木智子

シミにもいろいろなタイプがある。

「大人の女性に多いのは、ひとつひとつのシミが大きく目立つ〝面ジミ〟、あるいはそばかすのように小さな点があふれている〝点ジミ〟です。シミをきれいにカバーするには、それぞれのタイプに合ったコンシーラーを使うことが大切です」

とヘア&メイクアップアーティストのレイナさん。まず面ジミ攻略法。ひとり目のモデルはクロワッサン俱楽部会員の佐藤敬子さん。

「固形のコンシーラーは、指の腹でトントンたたくようにして、シミに均一にのせていくのがコツです」(レイナさん)

「1年半前にクリニックのレーザー治療を受けたのですが、また大きなシミが頬骨上に浮き出してしまって……」と、かなり気にしている様子。

「シミ自体が大きく、色も目立つ〝面ジミ〟には、かためでしっかり肌に密着する固形のコンシーラーがおすすめです。ただしムラになりやすいので、指でシミの上にのばすようにつけてはいけません。大事なのは、シミの上に均一につくように、指の腹でコンシーラーをとんとんたたきこむこと。そして面ジミをきれいにカバーしたら、顔全体はルースパウダーで自然な印象に仕上げることです」(レイナさん)

仕上がりの顔を見て佐藤さんも驚く。

「今までシミが目立たないようにいろいろなものを塗りすぎていました。こんなシンプルケア、目からウロコです」

step1.まず、カバー力の高いファンデーション。

ファンデーションはストレッチ性が高く、薄づきだけれどカバー力の高いものを選ぶ。それを両方の眉尻とあご先を結ぶ逆三角形内エリアを中心につける。

「色は肌の色にできるだけ近いものを。目頭の下から塗り始め、内から外に向けて逆三角形内にのばしていきます。それ以外の場所は軽くぼかす程度で自然な感じに」

step2.そして固形のコンシーラーを。

固形のコンシーラーを中指にとり、カバーしたいシミの上にそのままとんとんとスタンプを押すようにつけていく。

「指先ではなく指の腹を使って力を入れすぎずほどよい加減でたたいて固定します。こすりつけたり、のばしたりすると下のファンデがよれて、コンシーラーの効果も薄れるので注意してくださいね」

step3.透明パウダーでフィックス&テカリ防止。

仕上げはルースパウダーで。

「ずれたりよれたりしてほしくないシミの上とTゾーンは、パフで軽く押さえるようにしてのせます。これでパウダーをしっかりのせると同時に、テカリを防ぐことができるのです。あとの部分はすべらせるようにふわっとつけて、肌に透明なベールをかけてできあがりです」(レイナさん)

固形のコンシーラーを使えばこんなに仕上がりが違う!

【After】固形コンシーラーで、瞬時に美肌!
【Before】頬を覆う、大きな面ジミ。

『クロワッサン』932号より

●レイナさん ヘア&メイクアップアーティスト/メイクのプライベートレッスンの他、今秋からメイク教室を開講予定。詳しくはHPにて。http://www.reina-make-up.com

文字サイズ