同じ色から卒業して、どんな色も使いこなす。覚えておきたい口紅の正しい付け方。 | ビューティー | クロワッサン オンライン
ビューティー

同じ色から卒業して、どんな色も使いこなす。
覚えておきたい口紅の正しい付け方。

メイクアップアーティストの吉川康雄さんのメイクは、誰でも似合って、しかも簡単。秘訣は、自分の持っている色や形を生かすこと。似合わないと思い込み、つい同じ色ばかりを選びがちな口紅。でも、「ポンポン塗り」さえマスターすればどんな色も使いこなせる、と吉川さん。気になる「ポンポン塗り」を伝授してもらいました

 

口紅のポンポン塗りで発色を抑えれば、
どんな色も使いこなせる!

気がつくと同じ色ばかりを選んでしまいがちな口紅。吉川さんいわく、素肌感メイクはリップカラーでこそ楽しんでほしいとのこと。

「肌がイエローベースならこの色がいい、ブルーベースではこの色が似合わない、というのは、僕からいったらあり得ない話。発色が淡ければどんな色でも似合うんです」

吉川さんが提唱するのは5分の2の発色。どんな色も淡くのせれば、自分の色にすることができると。

「唇の透明感を消さず、たとえば口紅を指の腹でポンポン軽くのせていく。今まで似合わないと思っていた色がなじむのがわかります」

最もハードルが高い赤は、淡く塗ることで女らしさをプラス。イエローベースの日本人の肌には似合わないといわれる青みピンクも、反対色ゆえに、肌を白く見せ、知的なクールさを演出できる。ピーチカラーは肌になじむので、ふんわりと優しい顔に仕上げる効果を持つ。

指の腹に口紅をのせて、ポンポン塗りで淡く塗る。

1.指の腹に口紅をつけ、右から左へ、下から上へとポンポンと軽く色をのせる。

1.指の腹に口紅をつけ、右から左へ、下から上へとポンポンと軽く色をのせる。

2.唇の上下を軽くこすり合わせ、濃さをチェック。ほんのり淡くがベストバランス。

2.唇の上下を軽くこすり合わせ、濃さをチェック。ほんのり淡くがベストバランス。


 

【ピンク】
「似合わない」は、思い込み。
肌を美しく、白く際立たせる。

イエローベースの日本人の肌に対し、青みピンクは反対色。それゆえに肌の色を白く、美しく見せる効果がある。濃く塗ると、老けて見える場合があるので注意。

とろける感触で唇にのび、超微細ピグメントが輝き、色とツヤを演出。年齢を重ねた肌にも映えるピンクカラー。ルージュ ココ シャイン 116 3,800円。

とろける感触で唇にのび、超微細ピグメントが輝き、色とツヤを演出。年齢を重ねた肌にも映えるピンクカラー。ルージュ ココ シャイン 116 3,800円(シャネル)。

 

【ピーチ】
親しみやすさを演出、
気取らず、優しい顔に。

イエローベースで温かみがあるピーチカラー。オレンジほど黄みが強くないので使いやすい色。素肌感メイクに溶け込むので、ツヤ感を意識することを忘れずに。

超低温冷凍で成型した絶妙なテクスチャーを持つ口紅。ロマンティックなニュアンスのカラー。AQ MW アール デ フルール OR210 6,000円(コスメデコルテ)

超低温冷凍で成型した絶妙なテクスチャーを持つ口紅。ロマンティックなニュアンスのカラー。AQ MW アール デ フルール OR210 6,000円(コスメデコルテ)

 

【レッド】
「ほんのり赤」をマスターして、
女らしさをグッとアップ。

赤は唇が持つ血色の色。それだけに唇本来の色を覆ってしまうような厚塗りは絶対にNG。ほんのり赤を唇にのせて、女らしい華やかさをプラス。

美しい色をクリアに、見た目5分の2の発色。唇を保湿しながら、 カラーを楽しめる口紅。キッカ メスメリック リップスティック06 3,800円(カネボウ化粧品)

美しい色をクリアに、見た目5分の2の発色。唇を保湿しながら、
カラーを楽しめる口紅。キッカ メスメリック リップスティック06 3,800円(カネボウ化粧品)

 

◎吉川康雄さん メイクアップアーティスト。ニューヨーク在住。ファッション誌『VOGUE』各国版の表紙メイクなどで活躍。著書に『生まれつき美人に見せる』(ダイヤモンド社)など

『クロワッサン』920号(2016年2月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE