ビューティー

帰省前に若返る!毎日3分。
顔ヨガでリフトアップvol.2

場所や時間を選ばず、気軽にできる部分ヨガ。短時間でも、毎日続けることが大切です。

顔の筋肉を鍛えることで、たるみ防止やむくみ取りなど、さまざまな効果が期待できる顔ヨガ。タンゴダンサーでもある間々田佳子さんが「顔ヨガ」を始めたきっかけは、5年前に撮られた1枚の顔写真だったそう。
「ほうれい線があまりにもくっきりと刻まれていて『これが自分!?』とショックを受けました。体型に関してはダンスで鍛えていただけに、顔との差がすごくて。そんなとき、顔ヨガに出合ったんです」
 5年間、続けた結果、始めた38歳のときよりも43歳の今のほうが若く見られるようになったそう。

「日本語は顔筋を約20%しか使わずに発音できるそうです。すべての筋肉を自由に動かしたり緩めたりすることができるようになると、たるみやシワがなくなってきます。顔筋は体の筋肉より小さいため、即効性があるうえ、年齢に関係なく変化が出るので、どんな人にもおすすめです」
 今回教えてくれたのは、朝のメイク前にできる8ポーズ。
「1ポーズ約10秒でできるので、ゆっくり行っても全部で2〜3分。これだけでも、リフトアップしたり、顔色が明るくなるのを実感できるはずですよ」
正しくポーズが作れているか、左右対称になっているかなどを鏡でチェック。

正しくポーズが作れているか、左右対称になっているかなどを鏡でチェック。


顔ヨガvol.1はこちら。https://croissant-online.jp/?p=40616&preview=true

 

[頬のリフトアップ] おだんごロック

大頬骨筋に働きかけるポーズ。目を大きく見開き、口角をキュッと上げ、上の歯をしっかり見せて笑う。

大頬骨筋に働きかけるポーズ。目を大きく見開き、口角をキュッと上げ、上の歯をしっかり見せて笑う。

親指と人差し指で頬の肉を下から集めておだんごをつくり、高い位置に持ち上げて10秒キープ。その後、顔を脱力する。

親指と人差し指で頬の肉を下から集めておだんごをつくり、高い位置に持ち上げて10秒キープ。その後、顔を脱力する。


 

[目の下のたるみ] おっは〜

上唇挙筋を鍛え、目の下のたるみを撃退。顎を下げ、口を「おー」の形にして顔を上下に伸ばす。鼻下もしっかり伸ばして。

上唇挙筋を鍛え、目の下のたるみを撃退。顎を下げ、口を「おー」の形にして顔を上下に伸ばす。鼻下もしっかり伸ばして。

唇を歯に巻き込んで口角を上げ、口を「はー」の形にして頬をキュッと上げる。これを3回繰り返す。

唇を歯に巻き込んで口角を上げ、口を「はー」の形にして頬をキュッと上げる。これを3回繰り返す。


 

[ほうれい線] フグの顔

口輪筋を鍛えるポーズ。唇をギュッと閉じて、頬に空気を入れる。口内の空気を右に移動させて5秒キープ。

口輪筋を鍛えるポーズ。唇をギュッと閉じて、頬に空気を入れる。口内の空気を右に移動させて5秒キープ。

唇が横に開かないよう注意しながら、口内の空気を左に移動させて5秒。最後に口全体に空気を入れて5秒。2~3回行う。

唇が横に開かないよう注意しながら、口内の空気を左に移動させて5秒。最後に口全体に空気を入れて5秒。2~3回行う。


 

[あごのラインのたるみ] ひゅっとこ口

頬筋を鍛え、口から顎ラインのたるみを防ぐポーズ。唇をしっかり閉じて中心にギュッとすぼめ、前に突き出す。

頬筋を鍛え、口から顎ラインのたるみを防ぐポーズ。唇をしっかり閉じて中心にギュッとすぼめ、前に突き出す。

唇が緩まないようにしながら、右に動かし、次に思い切り左に動かす。最後は前に突き出して10秒。2~3回行う。

唇が緩まないようにしながら、右に動かし、次に思い切り左に動かす。最後は前に突き出して10秒。2~3回行う。


帰省前に若返る!毎日3分。顔ヨガでリフトアップvol.1 はこちら。
https://croissant-online.jp/topics/40616/

 

◎間々田佳子さん●All About「顔ヨガ」ガイド、タンゴダンサー。『10秒顔ヨガパーフェクトプログラム』(KADOKAWA)など著書多数

『クロワッサン』914号(2015年12月10日)号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE