ビューティー

【美肌のプロが教えるとっておき洗顔法】石鹸&牛乳洗顔の後の夜の美容断食で肌の回復力を高める。

美肌に定評のある人々も、かつては肌トラブルで悩んだ時期があります。肌改善のため、たどりついた洗顔法を伺いました。

「石鹸&牛乳洗顔」の後、何もつけない。
夜の“美容断食”で、肌が若返った!

実年齢は53歳。肌の水分量は26歳!宮本洋子さんは、夜、洗顔した後、あえて何ものせない〝美容断食〟を約7年間続けています。その洗顔法が、実にユニーク!

「昔ながらの固形石鹼に牛乳を混ぜて、洗顔をします。牛乳を加えることで、洗いあがりのつっぱり感や乾燥を、緩和することができるんですよ」

夜の洗顔後の肌に、何もつけないことで、肌を休めているといいます。寝ている間に、肌が本来持つデトックス機能や回復力が高まり、くすみや小じわ、たるみがなくなったそう。

ちなみに朝は、石鹼&牛乳洗顔の後、化粧水とクリームで肌を整えているという宮本さん。

「牛乳にアレルギーがある人は、豆乳やライスミルクで代用を」

肌の水分量が実年齢の半分以下という驚きの美肌の持ち主、宮本洋子さん。

肌の水分量が実年齢の半分以下という驚きの美肌の持ち主、宮本洋子さん。


 

石鹸に牛乳をプラスすれば
肌あたりがマイルドに。

「石鹸&牛乳洗顔」で洗顔後はツッパり知らず。

「石鹸&牛乳洗顔」で洗顔後はツッパり知らず。

宮本さんが使用するのは、合成成分を含まない、石鹼素地100%の純石鹼。「ドラッグストアで、150円程度で手に入ります」。

 
牛乳のかわりに、ライスミルクや豆乳を使用してもOK。

牛乳のかわりに、ライスミルクや豆乳を使用してもOK。

やり方は簡単。石鹸をぬるま湯につけて泡立て、ティースプーン1杯半の牛乳を混ぜて、洗顔を行います。

 

◎宮本洋子さん エステティシャン/35歳でエステサロンを開業。現在は、全国に19店舗のサロンを運営する、イーズ・インターナショナルのCEO。著書は『夜だけ美容断食 夜はお肌に何ものせない』(光文社)。

『クロワッサン』900号(2015年4月25日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE