ビューティー

シミ、シワ、くすみを解消! 簡単リンパストレッチ。

アスリートやモデルからも支持を得る、ホリスティックセラピー協会会長の加藤雅俊さん。著書『Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す!』が、きれいになりたい女性たちの間で人気です。

「リンパの流れを邪魔しているのはこわばった筋肉。ストレッチで筋肉を伸ばすと圧迫されていたリンパ管が広がり、リンパ液がスムーズに流れるので、美容、アンチエイジングにいいんですよ。また、イライラや不眠などのメンタルな悩みの改善も期待できます」と加藤さん。

今回は、肌の悩みを解決するリンパストレッチを紹介してもらいます。「リンパが流れてる〜」という意識を持って行ってみましょう。

はじめに2つのストレッチから開始。

頭を傾けて首の筋肉(胸鎖乳突筋)をゆっくり伸ばす。伸ばした側のひじを下へ引っ張ると、リンパの流れがいっそうスムーズに。

頭を傾けて首の筋肉(胸鎖乳突筋)をゆっくり伸ばす。伸ばした側のひじを下へ引っ張ると、リンパの流れがいっそうスムーズに。

両手を首に軽く当てて包み込み、後ろから前へ5回マッサージする。首のリンパが鎖骨の下にあるリンパ本幹に流されて老廃物を排出。

両手を首に軽く当てて包み込み、後ろから前へ5回マッサージする。首のリンパが鎖骨の下にあるリンパ本幹に流されて老廃物を排出。


シミ

肌のターンオーバーを促し、シミのない透明な肌に。

シミやそばかすは肌のターンオーバー機能の低下も大きな原因。リンパストレッチで新陳代謝がよくなるとターンオーバーがスムーズになり、リンパの流れも促進。シミも薄くなります。

1.両手の人差し指、中指、薬指の腹で、あごからこめかみまでをやさしく圧をかけながら円を描くようになでる。

1.両手の人差し指、中指、薬指の腹で、あごからこめかみまでをやさしく圧をかけながら円を描くようになでる。

2.人差し指から小指までの指の腹で、眉から額の生え際に向かってやさしく圧をかけながら、両手で左右交互になで上げる。

2.人差し指から小指までの指の腹で、眉から額の生え際に向かってやさしく圧をかけながら、両手で左右交互になで上げる。1と2を各5セット。


 

シワ

目を閉じて目尻を引き上げるストレッチでシワを解消。

目の周りのシワは、筋肉が衰えてまぶたが下がり、リンパが滞ることによって生じます。普段使うことの少ない目の周りの筋肉を動かすことでシワは改善できます。

1.目を閉じて、人差し指、中指、薬指で目尻からこめかみに向けて引き上げる。筋肉が動きリンパの流れを促進。

1.目を閉じて、人差し指、中指、薬指で目尻からこめかみに向けて引き上げる。筋肉が動きリンパの流れを促進。

2.こめかみに向けて引き上げた1のまま、その動きに逆らうように力を入れて目をギューッとつぶり、10秒間キープ。

2.こめかみに向けて引き上げた1のまま、その動きに逆らうように力を入れて目をギューッとつぶり、10秒間キープ。1と2を3セット繰り返す。


くすみ

口を開いて筋肉をストレッチ。アー、ウー、エーと発声。

肌の新陳代謝が悪く、老廃物が溜まっていると、くすみのもとに。「口元の筋肉を大きく動かすストレッチで、リンパや血液の流れをよくし、ワントーン明るい肌をめざしましょう」

1.口をできるだけ大きく、上下左右に開き「アー!」と大きく発声。

1.口をできるだけ大きく、上下左右に開き「アー!」と大きく発声。

2.唇を思い切りすぼめて「ウー!」と大きく発声。口の周りの筋肉を内側にギューッと寄せる。

2.唇を思い切りすぼめて「ウー!」と大きく発声。口の周りの筋肉を内側にギューッと寄せる。


3.口を横いっぱいに開き「エー!」と大きく発声。口角を引っ張ることでほおから顔全体を刺激。

3.口を横いっぱいに開き「エー!」と大きく発声。口角を引っ張ることでほおから顔全体を刺激。1〜3を3セット繰り返す。


◎加藤雅俊さん/ミッツ・エンタープライズ(株)代表取締役。リンパ免疫学+東洋医学+運動生理学+ストレッチ+メディカルアロマテラピー+栄養医学+脳科学+心理学など包括的な考えをとりいれた「癒しと医学の融合スタイル」を提唱。プロアスリートやプロスポーツのトレーナーを指導。モデルや美容家などに健康法や美容法を指導し、さまざまなジャンルの「ホリスティックセラピスト」を育成。2004年には「社会文化功労賞」を受賞。

『クロワッサン』896号(2015年2月15日売より)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE