これ、イイかも。

つややかな肌に導く、濃厚な使い心地のスキンケア化粧品。

【おすすめコスメ特集】文・古屋美枝 写真・柳原久子

1984年のデビュー以来、最新の研究成果をもとに、リニューアルをしながら進化し続けるメナードの「イルネージュ」。

昨年のリニューアルでは、つやめくようなハリ感で肌を満たす、濃厚な感触を実現。

「夏の間、日焼けしてから乾燥やくすみが気になります」という、クロワッサン倶楽部メンバー・吉村美佳さんが試してくれました。

 

イルネージュ シリーズ

左から、イルネージュ ウオッシング 130g 9,000円 同リフレッシュマッサージ 150g 1万3000円 同ローション 130ml 1万2000円 同ミルク 90ml 1万1000円 同クリーム 30g 1万5000円

左から、イルネージュ ウオッシング 130g 9,000円 同リフレッシュマッサージ 150g 1万3000円 同ローション 130ml 1万2000円 同ミルク 90ml 1万1000円 同クリーム 30g 1万5000円

 

「リフレッシュマッサージ」は二役を担うクリーム。

クレンジングクリーム、マッサージクリームの両方の役割を果たす「リフレッシュマッサージ」。

クレンジングクリーム、マッサージクリームの両方の役割を果たす「リフレッシュマッサージ」。

1日の終わりにまず手に取るのは、クレンジングクリームとしても使える「リフレッシュマッサージ」。コクのあるクリームが心地よく肌にのび、メイクアップ料となじみきったらオイルのようなテクスチャーに変化します。最後は、洗い流してもふき取っても大丈夫。

「水で洗い流した後の肌は、ベタつかず、とてもなめらかな感触。肌色がワントーン上がる感じです。この後に使う洗顔クリームも、きめ細かくコシのある泡立ちで洗い上がりがしっとりします」

 

美容液のようなコクで、肌をうるおす化粧水。

「ローションなのにリッチな質感で、まるで美容液みたい」と吉村さん。

「ローションなのにリッチな質感で、まるで美容液みたい」と吉村さん。

濃厚でしっとりした使い心地と、まろやかで肌なじみの良さを追求して生まれたローション。

「手に取ると、まるで美容液のようなコクのあるテクスチャー。コットンに含ませてパッティングしながらつけていくと、乾燥した私の肌に心地よくベタつきません。ミルクも濃厚な使い心地なのに、肌にピタッと密着。気持ちのいい、このテクスチャーはお気に入りです。カサブランカの香りをアレンジしたという、ほのかな香りも好きです」

 

肌に密着するようになじみ、うるおいで満たすクリーム。

小豆粒約1個分の量をまんべんなくなじませる。

小豆粒約1個分の量をまんべんなくなじませる。

夜は、ローション、ミルクなどで肌を整えた後、クリームをプラス。ポイントは、手指が滑らずぴたっと止まるまで、しっかりとなじませること。最後に、両手のひらで顔を覆ってハンドプレスをするのがおすすめです。

「小豆粒大で抜群の保湿力。朝までしっとり、ハリのある肌がキープできるので、驚きました。朝、洗顔をした後の肌がとてもプルプルで、化粧のりもいつもよりランクアップする感じ。夏に受けた肌ダメージを挽回すべく、これからも使い続けたいです」

 

Information
イルネージュ シリーズ
イルネージュ ウオッシング 130g 9,000円
同リフレッシュマッサージ 150g 1万3000円
同ローション 130ml 1万2000円
同ミルク 90ml 1万1000円
同クリーム 30g 1万5000円

【問い合わせ先】
メナードお客様相談室 ☎0120・164601
http://www.menard.co.jp

[part slug=”cosme-footer-2015-08″]

文字サイズ